フォスファチジルコリン 脂肪溶解 クリーム

フォスファチジルコリンが使われているクリームをチェック!

硬くなってしまった脂肪にフォスファチジルコリンが効果的!

いったん硬くなってしまった皮下脂肪をダイエットで燃焼させるには相当の時間が必要となります。

 

ですから、まずはリンパ液の流れを良くして脂肪を柔らかくすることが必要です。

 

それにはマッサージとフォスファチジルコリンが有効的。

 

フォスファチジルコリンが使われているクリームをチェック!

 

フォスファチジルコリンとはレシチンというアミノ酸から作られた成分で、脂肪溶解注射に使われる成分。

 

血管内のコレステロールと細胞内の老廃物を溶かして、血行を良くする働きがあります。

 

ホスファチジルコリンとは・・・

 

大豆に含まれるレシチンというアミノ酸から作られた成分

 

公的機関から認可を受けている安全性の高い薬品です。

 

血管内のコレステロールと細胞内の老廃物を溶かして、血管をきれいにし、血行を良くする働きがあります。

 

その為、カチカチに固くなった脂肪を柔らかくして、痩せやすい身体に促してくれるんです。

 

脂肪溶解注射の主成分として使われます。

 

また、新陳代謝を促進する機能があるので、細胞から老廃物を排泄させ、若さを保つ作用があるとも言われています。

 

ホスファチジルコリン配合のクリームランキング!

 

PPCクリーム

 

PPCクリームとは、皮膚科などで脂肪を分解する注射として使用されている成分“ホスファチジルコリン”配合のクリーム。

 

今、このPPCクリームが注目されているんです。

 

 

DOCTOR KITSドクターキッツ PPCクリーム 40gを楽天市場でチェック!

 

ホスファチジルコリンの他にも、脂肪燃焼作用のあるカプサイシンやカフェイン、 セルライトや脂肪排出を促進するパパイン酵素、 カルニチンも同時配合。

 

塗るだけで脂肪を減らし、 理想のボディラインに近づける効果を実現しています。
PPCクリームは、過度な脂肪分を燃焼させて排出し、ボディラインを整えます。

 

注射の場合は、脂肪を分解する効果は期待できるものの、注射した後に痛みを感じたり腫れることもあります。

 

その点、クリームなら安心ですね。

 

PPCクリームの使い方

 

PPCクリームは、注射のような痛みを感じることはなく脂肪を分解したい部分に塗るだけ!

 

塗った後は、じんわり熱くなるのを感じて脂肪が燃えていることを実感。

 

使い方は、シャワーの後に体の水分などをよく拭き取り、気になる部分に適量を塗り込んでいきます。

 

単純に塗るだけではなく、優しくマッサージしながら塗りましょう。

 

マッサージした部分は徐々に温かくなってきます。

 

500円玉程度の量を目安として使うことをオススメします。

 

PPCクリームの口コミ

 

初めは、ただ塗っているだけでしたが、PPCクリームを塗ってからラップをして15分程放置すると、より溶解量が高まると聞いてからは、ラップ法も取り入れるようになりました。

 

PPCクリームの説明書に、水分を多めに摂取するようにと書かれていましたが、それは、溶解した脂肪を流し、老廃物として体外に排出しやすくするためだとも理解できました。

 

それぐらい、汗をかく量も増え、代謝が良くなりました。

 

今は、気になる部位の脂肪はすべて除去できたので、このスタイルをキープするために、週に2、3回だけ塗るようにしています。誰にでもできる、簡単なダイエット方法でおススメです。

 

(30代女性)

 

メソボディクリームクリーム

 

メソセラピーとは1952年にフランスで開発された、薬剤を脂肪細胞に注入する治療法全般のこと。

 

脂肪溶解メソセラピーの場合、脂肪にダイレクトに注入することで、脂肪を溶解します。

 

ディレイア ディープスベルティル メソボディクリームは、メソセラピーをコンセプトに、ホスファチジルコリン、カフェイン、カルニチンを配合して、脂肪溶解・燃焼効果を促します。

 

 

direia ディレイアディープ スベルティル メソボディクリームを楽天市場でチェック

 

日本初ダブル配合のプロスベルティル・インフラシンがセルライトに働きかけ炎症を抑えます。

 

TCAサイクルに着目しエネルギーを脂肪燃焼に働きかけるシステムを利用して配合成分を決めることで、効果的にダイエットが実感できます。

 

効果の期待できそうなこのクリーム、一度試してみたいですね。

 

脂肪溶解効果のあるクリームランキングはこちら

ホーム RSS購読 サイトマップ